会議室貸し出しサービス

バーチャルオフィスを利用する上で、どうしてもネックになってしまうのが、スペースの問題です。現実に部屋を借りるわけではないバーチャルオフィスでは、借りた住所にお客様が足を運んだ場合、部屋が無いために対応できないという欠点があります。しかし、最近ではバーチャルオフィスのこのデメリットを補てんするサービスも登場してきています。それが、会議室の貸し出しサービスとなります。

会議室の貸し出しサービスは、いわばレンタルオフィスのようなもので、その名の通り、お部屋と設備を丸々借りられるというサービスです。ただし、レンタルオフィスのように1カ月以上という長期間の貸し出しではなく、時間制の貸し出しという点で異なっており、1時間単位で借りることが可能です。お部屋の広さや設備の充実度によって料金に差が出ることになり、安いお部屋ならば1時間あたり1000円前後で借りられます。

会議室のように大人数が収容できたり、プロジェクタが付いていたりするお部屋でも、1時間あたり2000円から3000という安さで借りられます。これを上手に用いれば、レンタルオフィスの欠点を補うことができるため、価格の安さもあいまって、近年人気を博しているのです。

ランニングコストが安い!

バーチャルオフィスのサービスを具体的に紹介すると、住所の提供や電話番号の貸し出し、電話を代行して受け取ってくれるサービス、電話の転送サービスに郵便物の受け取り代行及び転送サービスとなります。これらのサービスが軸となり、付帯という形でその他のサービスが提供されているケースが多いです。付帯サービスとして目ぼしいものとしては、レンタルオフィスのようにオフィススペースを実際に貸してくれたり、会議室を貸してくれたり、法人登記やコンサルティングのようなサービスを提供してくれることもあります。

バーチャルオフィスの魅力は、なんといってもその安さでしょう。電話番号や住所の貸し出しのような軸となるサービスについては、なんと月々5千円前後で利用が可能です。レンタルオフィスの場合はここまで料金を落とすことはできず、月々の使用料は最低でも5万円前後は見ておかなければなりません。

もちろんオフィスの地域や室内の設備によって価格は上下しますが、万単位の費用がかかるのは間違いなく、バーチャルオフィスと比較してみてもその差は歴然としています。このようにランニングコストを格安に抑えることが可能な点が何よりも大きなメリットです。

バーチャルオフィスとは?

「バーチャルオフィス」は少し耳慣れないサービスですが、利用することによって事業に様々なメリットをもたらすことになりますので、事業を開始する人はぜひ知っておきたいところです。さて、このバーチャルオフィスはどのようなサービスかというと、住所や電話番号、郵便物の受け取りから転送など、オフィスに必要とされる基本的な機能を提供してくれるサービスとなります。

ただし、レンタルオフィスが実際に部屋やオフィス環境を借りることができることに対して、バーチャルオフィスは「バーチャル」つまり仮想の存在であり、こちらは現実に部屋を借りるわけではないという点で異なります。名前を聞くと少々ややこしくなってしまいますが、バーチャルオフィスとは手短に言えば、電話と郵便物の転送サービスとなります。

事業を立ち上げるために事務所が欲しいと考えている理由は、場所を用意して物を保管したり何かしらの作業を行ったりする目的と、電話対応やお客さんへの対応や連絡先として使いたいという目的が考えられます。バーチャルオフィスは場所を借りるのではなく、後者の目的のみ持っている場合に限って効果的な解決手段と言えます。当サイトでは、バーチャルオフィスの基本的な機能や活用するにあたってのメリット、付帯しているその他のサービスについて解説していきます。バーチャルオフィスには、どのようなサービスがあり、またどのようなメリットが考えられるのでしょうか。