ランニングコストが安い!

バーチャルオフィスのサービスを具体的に紹介すると、住所の提供や電話番号の貸し出し、電話を代行して受け取ってくれるサービス、電話の転送サービスに郵便物の受け取り代行及び転送サービスとなります。これらのサービスが軸となり、付帯という形でその他のサービスが提供されているケースが多いです。付帯サービスとして目ぼしいものとしては、レンタルオフィスのようにオフィススペースを実際に貸してくれたり、会議室を貸してくれたり、法人登記やコンサルティングのようなサービスを提供してくれることもあります。

バーチャルオフィスの魅力は、なんといってもその安さでしょう。電話番号や住所の貸し出しのような軸となるサービスについては、なんと月々5千円前後で利用が可能です。レンタルオフィスの場合はここまで料金を落とすことはできず、月々の使用料は最低でも5万円前後は見ておかなければなりません。

もちろんオフィスの地域や室内の設備によって価格は上下しますが、万単位の費用がかかるのは間違いなく、バーチャルオフィスと比較してみてもその差は歴然としています。このようにランニングコストを格安に抑えることが可能な点が何よりも大きなメリットです。